制度設計 ~制度を形骸化させないために~

制度設計時で大切なこととは何か

  • 社員の一体感を壊すことにもなりかねない。その代表的な例が、成果主義ではないだろうか。
  • 2000年前後、成果主義は「若手の活躍を促す制度」としてもてはやされた。ところが、実態は違った。
    社員は評価に怯え、士気は下がり、「これ以上、評価を下げたくない」という保守的な空気が社内に蔓延した。
    アグレッシブな提案をするのは、ある意味で使命感だけで動いているような、奇特な一部の社員だけになってしまった。
  • ほかの会社で、こうした制度を真似て作ったら、制度を導入することで仕事が増えるといった負担が発生して、社員の間で利害対立が起こるマイナス面が出かねない。
  • 必要なのはトップと現場の「共感力」の有無だ。なぜこの制度を導入するのか。誰のためなのか。
    制度が積極的に活用されている企業は、導入の背景や目的を明確に社員に対して示しており、社員もそれを理解しているケースが多かった。
  • 「社長が他社の制度を見よう見真似でそのまま導入しただけで、社員に理解されなかった」「社員の士気を高める制度ではなく、会社に都合の良い制度だったから」
  • 制度がどれだけ活かされているのかを見れば、企業の活力と風通りの良さが分かる。一種の企業を見るモノサシなのかもしれない。
  • 特に問題なのは、制度を作ったものの全く活用されず、しかも廃止しないケースだ。
    つまり、トップと現場の血流が止まっていると見ていい。要するに会社自体が「ゾンビ化」しているわけだ。
  • やりたいことは何なのか。自分の利益を守ることに執着していないか。
    相手に「共感」してもらい、ともに行動する「共動」を促すには、まず自分自身を知らなければいけない。
  • 「相手を知る」。相手が何を求め、何を嫌がっているのか。
    そのうえで、1つのゴールを描いて共感できれば、制度は動き出し、加速度をつけて達成まで突っ走ることができるはずだ。

あなたの会社、「ゾンビ化」してません?~「共感」できない制度の悲劇~

現在、会社の制度(福利厚生)や賞与テーブルを考えているところなのですが、その際に出て来たキーワードがまさにここでも出てました。

それは『共感』

制度というもは、

 「共育」=「社員と会社がともに育つ」制度が大切

である。

そして、それを生むためには、

 「実感」「納得」、そして「共感」が必要

だと打ちだしました。

まぁ、これは制度に限らずの話だと思います。

制度で大切なのは設計より運用

制度はあくまで制度。

自分の主観ですが、制度という箱自体が重要な要素を占めるのは3割程度。

制度が活用されるか否かは、その箱も含めた形骸化しない仕組み(運用)であり、なにより、「人」。

『「共感」なくして、行動なし。』『「共感」「がなければ制度は「タダの箱」』

とあるように、ほんとにそうだと思います。

とはいえども、会社全体の制度策定に関わることを、前年からやりはじめましたが、言うは易し、行うは難し、ですね。。

「共感」という部分で一番、パワーを使うのが「話すこと」。けど、これが一番重要なこと。

色々な考え方を持った人がいるので、正面向き合ってガチンコで話す必要があります。

特に上の人と話すときは、最初から、また途中から逃げ出さない「折れない心」が必要になります。

そのためには、ブレない軸が必要になります。

ちなみに、記事中にあった「血が通った制度」というキーワードはなかなかいいですね。

【夏休みの自由研究に!】親子プログラミング体験教室〜夏の特別企画〜

プロフィール(当メディアの運営者 兼 筆者)

保育園協会の園長から「ITで保育業界を変えたい」と相談を受け、保育士と協力し合い、保育以外の業務を自動化し、保育士が保育に専念できる環境を創り上げる。

そして、保育の現場で子ども達の個性=無限の可能性を育む環境に関る中で、大人社会でも同様のことはできないかと考え始めたところ、「こどもも大人も凸凹(違い)を認め合える社会」の実現を目指すNPO法人オトナノセナカに出会い参画する。

現在はNPO活動と並行して、フリーランスエンジニアとして自分が得意とする「IT」x「教育」x「子育て」の分野を中心に活動を開始する。様々な人がお互いを認めて高め合い、創造性が渦巻く楽しい世界を目指して。

プログラミングレッスン・教室、IT研修・教育、ITコンサル・マーケティング、IT(技術)相談・支援、システム開発(WEB・スマホ)、保育園IT化、子ども・子育て関連事業など