コンシューマー(to C)ビジネスって何だろう② ~コンシューマと会社~
社会人2年目になり、携わる新規事業であるコンシューマー向け(to C)ビジネス(サービス)に関して、更にサービスを前線させるために改めて考えを整理した内容です。

「コンシューマ(もしくはその時代性)のNEED、WANT、DESIREには存在しないが、会社側で新たな価値を創造し、そこにコンシューマを引っ張り込む」というパターンがあるのかな、とは思う。

ただ、この方法は失敗する可能性がはるかに高い上に、それを実現するまでにひたすら信じて進み続ける揺るぎ無い信念と、それを一緒に達成する結束されたチームが必要となるであろう。(あとはカリスマ的存在かな。)

ここ最近で上記のようなパターンで、かつ長続きしているものって何かあったかなって考えてみた。

パッと思いついたのは「ポケモン」である。

あのモンスターを集めて皆で闘うゲームはコンシューマのNEED、WANT、DESIREでもなく、ポケモン社が生み出した新しい価値なのではないだろうか。
数ヶ月前にポケモン社の社長がTVで話していたのだが、「ヒットすると信じてひたすらメンバ一丸となって2年間作り続けました。」と言っていた。ただし、「ここまで大ヒットするとは思わなかった。」とも言っていましたが。

このパターンで成功することはかなり困難だとは思いますが、ただどのパターンであったとしても、根本として「メンバ一丸となって信じて進む」というところは一緒ですね。

「コンシューマと会社」といった部分で、コンシューマの求めるNEED、WANT、DESIREをサービス(システム)を創出するためにはどういう目線で進めていくのがいいのだろうか。

極論で言えば、

 『コンシューマがコンシューマ自身で作る』

ことではないだろうか。

保育園のシステムであれば保育園の人が作ること、それが最もコンシューマの求めるNEED、WANT、DESIREを正確に反映させたサービス(システム)ができる。

とは言っても、そんなこと言ってたらシステム屋の自分たちは商売あがったりになってしまう。
まぁ、ただ、極論で言えばそうなのだうかな、とは思う。(間違えていたらすみません。)

なら、より会社(SE)がよりコンシューマ(現場)に近づく必要がある。
これも極論で言えば、保育園のシステムを作るのであれば担当者が1年くらい保育園で働いてみることが一番の近道である。
そして、担当者の子供をそのシステムが導入されている保育園に通園させて、自分自身が本当の使用者になってみるのが一番良いと思われる。

ただ、そうは言ってもすぐには難しい。
ということで、当たり前のことなのだが、最近徹底してはじめたのが保育園への現場訪問である。
今までは「会社」と「コンシューマ」が離れすぎていたのではないだろうか。
それだけで、コンシューマの求めるNEED、WANT、DESIREを実現できるとは思わないが、まずは、この保育園訪問で少しでもそのギャップが埋める必要があると考えられる。

ただし、
 「コンシューマの求める機能 ⇒ 売れるサービス」
に必ずしもなるわけではないということは念頭においておかねばならない。

だが、
 「コンシューマが求めていない機能 ⇒ 売れるサービス」
にならないのは間違いないと思う。

冒頭の話に戻るが『コンシューマがコンシューマ自身で作る』という話は極論だとは言ったものの、各業界の業務システムを作っている会社のいくつかでは、実際にその業界の現場で働いていた人が転職(キャリアチェンジ)して、作っているという話を聞いたことはあるので、あるのはある。

【夏休みの自由研究に!】親子プログラミング体験教室〜夏の特別企画〜

コンシューマー(to C)ビジネスって何だろう③ ~コンシューマとシステム~

コンシューマー(to C)ビジネスって何だろう① ~はじめに~

プロフィール(当メディアの運営者 兼 筆者)

保育園協会の園長から「ITで保育業界を変えたい」と相談を受け、保育士と協力し合い、保育以外の業務を自動化し、保育士が保育に専念できる環境を創り上げる。

そして、保育の現場で子ども達の個性=無限の可能性を育む環境に関る中で、大人社会でも同様のことはできないかと考え始めたところ、「こどもも大人も凸凹(違い)を認め合える社会」の実現を目指すNPO法人オトナノセナカに出会い参画する。

現在はNPO活動と並行して、フリーランスエンジニアとして自分が得意とする「IT」x「教育」x「子育て」の分野を中心に活動を開始する。様々な人がお互いを認めて高め合い、創造性が渦巻く楽しい世界を目指して。

プログラミングレッスン・教室、IT研修・教育、ITコンサル・マーケティング、IT(技術)相談・支援、システム開発(WEB・スマホ)、保育園IT化、子ども・子育て関連事業など