プログラミング言語の種類 ~スマホアプリ・WEBサイト・PCソフトを作るためには何が必要!?~

あなたは、どの種類のプログラミング言語を学ぶ?

前回、「プログラミング言語とは? ~プログラミングって何か、初心者でも分かるように教えて!~」にてプログラミング言語がどういったものかについて書きました。

今回は、その中で触れた「プログラミング言語の種類」について詳しく説明したいと思います。

前回の記事で書いた通り、プログラミング言語は対象のコンピューターによって何を使うか変わります。

対象のコンピューターによって何を使うか変わるというのは「どのコンピューターで動くもの(アプリ・ソフトウェア・WEBサイト)を作るかによって、使うプログラミング言語が変わる(違う)」という意味です。

では、対象となるコンピューターによって、どのプログラミング言語を使う(学ぶ)必要があるか、以下にまとめていきます。

スマホ(スマートフォン)で動くアプリを作る場合

iOS(iPhone・iPad)で動くアプリを作る場合のプログラミング言語

iOS スマートフォンアプリ

iOS(iPhone・iPad)で動くアプリを作る場合のプログラミング言語の選択肢は、以下2つあります。

  • Swift
  • Objective-C

それぞれのプログラミング言語によって、メリット・デメリット・書き方の違いなどはありますが、初めての方の場合(正確には練習として簡単なアプリを作る程度であれば)、「Objective-C」「Swift」どちらを選んでもOKです。

それぞれの違いの説明は今回は割愛しますが、「どちらを選択したら良いか迷う・分からない」という方は、とりあえず「Swift」を選択してみてはどうでしょうか。

※Swift言語はMacやiOS(iPhone・iPad)で動くアプリを作るために、Apple社が2014年に生み出したプログラミング言語です。

Androidで動くアプリを作る場合のプログラミング言語

Android スマートフォンアプリ

Android (SAMSUNG製のGalaxyやSONY製のXperiaなど)で動くアプリを作る場合に、主に使わるプログラミング言語としては、現在、以下となります。

  • JAVA

iOS、Android両方で動くアプリを作る場合のプログラミング言語

iOS、Androidの両方のOSで動くアプリを作ることもできます。
こういった両方のOSで動くアプリのことを「ハイブリッドアプリ」などと言います。
(他にもクロスプラットフォームアプリなどとも言います。)

この場合に使用するプログラミング言語は、後述する「WEBサイトを作るために必要なプログラミング言語(HTML/CSS、Javascript)」を使用して作ります。

ただし、上記で述べたiOS専用アプリ(SwiftやObjective-C)やAndroid専用アプリ(JAVA)に比べて、ハイブリッドアプリは速度(動き)が遅いなど、いくつかのデメリットがあります。個人で簡単なアプリを作る程度であれば、ハイブリッドアプリで基本問題ありませんが、製品(売り物)としてのアプリを作る場合は、ハイブリッドアプリのメリット・デメリットを考慮した上で、どのプログラミング言語を選択するか決める必要があります。(専用アプリにするか、ハイブリッドアプリにするか)

パソコン(PC)でうごくアプリを作る場合

Windowsで動くアプリを作る場合のプログラミング言語

WindowsPC デスクトップアプリ

Windowsのパソコン(PC)で動くアプリ(※)を作る場合は、色々なプログラミング言語の選択肢があります。

以下に代表的なプログラミング言語を記載します。

  • C++(Visual C++)
  • C#(Visual C#)
  • JAVA
  • など

※Windowsのパソコン(PC)で動く「アプリ」のことを「デスクトップアプリ」「デスクトップアプリケーション」「ソフトウェア」といった言い方もします。

Macで動くアプリを作る場合のプログラミング言語

MacPC デスクトップアプリ

Macのパソコン(PC)で動くアプリを作る場合は、以下プログラミング言語の選択肢があります。

  • JAVA
  • Objective-C
  • Swift

WEBサイトを作る場合

ホームページやショッピングサイトなどのWEBサイトやWEBシステム・WEBアプリを作る場合のプログラミング言語

「WEBサイト(WEBシステム・WEBアプリ)」は「ブラウザ」と呼ばれるWEB閲覧用のソフトで見る(動かす)ことができます。

※「ブラウザ」と言われるソフトには以下のようなものがあります。

  • InternetExplore InternetExplore ※Windows標準のブラウザ
  • Chrome Chrome
  • FireFox FireFox
  • Safari Safari ※Mac、iPhone・iPad標準のブラウザ
  • Opera Opera

そして、これらのブラウザで閲覧できるWEBサイト(ホームページやショッピンングサイトなど)やWEBシステムを作る場合、他のケース(iOS/Androidアプリやパソコン(Windows/Mac)アプリ)と異なり、目的に応じて以下、複数のプログラミング言語を組み合わせて作る必要があります。

HTML/CSS
基本的にHTMLとCSSは必須と考えてください。「HTMLはWEBサイトの(文章)構造」、「CSSはWEBサイトのデザイン」をするためのプログラミング言語と言われています。

補足:独学で勉強してみようかなという方へ

以下、未経験・初心者〜中級者にお勧めの本をまとめてみましたので、ご参考下さい。

HTML/CSSの未経験者・初心者〜中級者にお勧めの本

javascript
javascriptはWEBサイトにアニメーション(動き)を加える場合、必要になるプログラミング言語です。
アニメーションというのは、例えば以下のような動きを加えることを指します。

  • 写真をスライドショーで動かす
  • ボタンをクリックしたら文字が動く
  • など

補足:独学で勉強してみようかなという方へ

以下、未経験・初心者〜中級者にお勧めの本をまとめてみましたので、ご参考下さい。

JavaScriptの未経験者・初心者〜中級者にお勧めの本

PHP
phpは「データ処理」をするためのプログラミング言語と言われています。
「データ処理」というのは、具体的な機能で言うと「会員登録機能」や「買い物カゴ・決済機能(ショッピングサイト)」などが代表的な例です。
他にも良く見かけるものとしては、企業のホームページやショッピングサイトなどによくある「お問い合わせフォーム(※お名前、メール、要件などを入力して「送信」ボタンを押すと自動的にメールが送信されるなど)」を作る場合にもphpが必要があります。

なお、上記のようなデータ処理を行うためのプログラミング言語にはphp以外にも、「C」や「JAVA」、「Ruby」といったプログラミング言語があり、データ処理(会員登録など)を行う部分に関してphp以外のプログラミング言語(C、JAVA、Rubyなど)で作ることもできます。

ただ、どれを選んだら良く分からないという場合は、世界的に人気(使用率)の高い「php」でまずは作ってみてはいかがでしょうか。

補足:独学で勉強してみようかなという方へ

以下、未経験・初心者〜中級者にお勧めの本をまとめてみましたので、ご参考下さい。

PHPの未経験者・初心者〜中級者にお勧めの本

【夏休みの自由研究に!】親子プログラミング体験教室〜夏の特別企画〜

初心者のためのプログラミング勉強方法講座 ~プログラミングは何から始めればいいの!?~

プログラミング言語とは? ~プログラミングって何か、初心者でも分かるように教えて!~

プロフィール(当メディアの運営者 兼 筆者)

保育園協会の園長から「ITで保育業界を変えたい」と相談を受け、保育士と協力し合い、保育以外の業務を自動化し、保育士が保育に専念できる環境を創り上げる。

そして、保育の現場で子ども達の個性=無限の可能性を育む環境に関る中で、大人社会でも同様のことはできないかと考え始めたところ、「こどもも大人も凸凹(違い)を認め合える社会」の実現を目指すNPO法人オトナノセナカに出会い参画する。

現在はNPO活動と並行して、フリーランスエンジニアとして自分が得意とする「IT」x「教育」x「子育て」の分野を中心に活動を開始する。様々な人がお互いを認めて高め合い、創造性が渦巻く楽しい世界を目指して。

プログラミングレッスン・教室、IT研修・教育、ITコンサル・マーケティング、IT(技術)相談・支援、システム開発(WEB・スマホ)、保育園IT化、子ども・子育て関連事業など