RICOHのパノラマカメラ「THETA m15」を購入してみた ~360度パノラマ動画撮影が可能~

RICOHのTHETAは、360度のパノラマ撮影ができるカメラです。

Birthday Party in Japan – Spherical Image – RICOH THETA

(更に、THETA m15はパノラマ動画の撮影も可能)

今まで(大体2014年以前)、Googleストリートビューのような全方位の360度パノラマ撮影&共有をしたかった場合、高価な専用機材(カメラ)を購入する必要があり、その後、WEBサイトに公開・共有する場合は専門的な技術が必要でした。

しかし、RICOHのTHETAが出てからは、一般の人でも手が届く価格で購入することができ、WEBサイトへの公開やSNSへの共有もボタン1つで簡単にできるようになりました。

自分も360度のパノラマ撮影がしたかった1人でしたので早速THETA(m15)を購入しました ^^

撮影から公開まで試した内容(購入前、特に気になっていたこと)を以下にまとめます。

360度のパノラマ撮影に興味がある方は必見です。

RICOH THETA m15の製品情報

製品名

デジタルカメラ RICOH(リコー) THETA(シータ) m15 360度 全天球イメージ(パノラマ)撮影デバイス

価格

¥34,700(税込) ※RICOH オンラインストア価格 (2015年4月25日時点)

特徴

  • 360度 全方位のパノラマ撮影(静止画・動画)が簡単にできる。
    (事前の特別な設定は不要。箱から出してボタンを1つ押すだけ。)
  • 撮影方法は以下2通りがある。

    1. THETA(カメラ)本体のボタンを押して撮影。
    2. スマホから遠隔で撮影。
      ※スマホを通して撮影する場合は、事前にスマホに専用のアプリをインストールして、その後、スマホとTHETA本体の同期設定をする必要あり
  • 撮影した静止画・動画を見る方法・共有する方法は以下の通り。

    静止画の場合
    • (スマホとTHETAの同期設定をしている場合)スマホの専用アプリにて閲覧。共有したい画像がある場合は画像を選択して共有ボタンをクリック(その時に共有先のSNSを選択)
    • (スマホとTHETAの同期設定をしていない場合)THETAをPCに接続してPCで閲覧。
      ※なお、PCに専用のソフトをインストールする必要あり
      ※共有の方法は上記に同じ
    動画の場合
    THETAをPCに接続してPCで閲覧
    ※動画の場合はスマホからの操作不可
    ※なお、PCに専用のソフトをインストールする必要あり
    共有の方法は上記に同じ

    なお、WEBサイトに公開する場合は、一度上記の手順で共有した後(共有した静止画・動画はTHETAの公式サイトtheta.com内にアップされる)、theta.comのマイページにアクセスして該当する静止画・動画を選択すると「埋め込みコード」ボタンがあるので、当ボタンをクリックして取得した埋め込みコードをWEBサイトに設置(書き込み)することでできます。

利用シーン

プライベート
  • アウトドアや観光地での景観などをSNSで友達に伝える場合。
  • 友達との特別な集まりや行事などで楽しむ場合(後の思い出用) ^^
ビジネス
  • 観光地の景観や不動産情報(内観)をWEBサイトにて公開することで、ユーザーが現地に行く前に事前に閲覧(360度全方位)をすることができる。
  • イベントのレポートを後日、WEBサイトにて公開する際に、360度パノラマ静止画・動画も併せて公開することで、臨場感・雰囲気をより伝えることができる

備考

なお、THETAには大きく分けて3種類(型)あります。
動画撮影したい場合は、対応していない機種(旧モデル)があるので、中古で買う場合は注意が必要です。

RICHO THETA
初期モデル。静止画のパノラマ撮影のみ。
RICHO THETA m15
動画のパノラマ撮影に対応。
RICHO THETA S
m15の上位機種(ハイスペック)

360度 パノラマ静止画の撮影

※画面をクリックすると見れるようになります。その後、画面にて見たい方向にドラッグする(左クリックを押したままマウスを動かす)と、360度全方向を見ることができます。

東京ドーム

ricoh theta m15 静止画 テスト投稿 – Spherical Image – RICOH THETA

船上(海)

richo theta m15 静止画 テスト投稿2 – Spherical Image – RICOH THETA

スキー場

richo theta m15 静止画 テスト投稿3 – Spherical Image – RICOH THETA

360度 パノラマ動画の撮影

ricoh theta m15 動画 テスト投稿4 – Spherical Image – RICOH THETA

なお、以下のようにYouTubeにもアップして公開することができます。

ただし、YouTubeにアップされたパノラマ動画は「(PCの場合)GoogleChrome」「(スマホの場合)YouTubeアプリ」でしか、正しく見ることができません。 (2015年4月25日現在)

※IEやFireFox、Safariで上記Youtubeのパノラマ動画を再生すると、再生はできますが、正しくは表示されません。

THETA以外で360度のパノラマ撮影が可能なカメラ

最近はTHETA以外にも360度のパノラマ撮影が可能なカメラが各メーカーから出てきました。

KODAK PIXPRO SP360(コダック 360度 アクションカメラ SP360)

他にも以下のような360度パノラマカメラがあります。

panono
36台のカメラユニットを搭載した丸いボール型のカメラです。空中に投げて撮影することもできます。
Giroptic 360cam
3つの魚眼レンズで付いており、防水機能も付いているので水中の撮影もできるカメラです。
360Heros
GoProを6台組み合わせて撮影します。
IC720(ALLIE)
2つのレンズを搭載した丸いボール型のカメラです。

最後に

上記で紹介したとおり、RICHOのTHETAは手ごろな(手が届く範囲の)価格で購入することができ、SNSやWEBサイトでの公開・共有も簡単にできます。

そして、プライベートだけでなくビジネスシーンでも活用できるので、利用用途がある場合は費用対効果的にも悪くないなと思いました。

※ちなみに、防水機能は付いてないため、水辺で使う場合は専用のケースを忘れずに。

【夏休みの自由研究に!】親子プログラミング体験教室〜夏の特別企画〜

プロフィール(当メディアの運営者 兼 筆者)

保育園協会の園長から「ITで保育業界を変えたい」と相談を受け、保育士と協力し合い、保育以外の業務を自動化し、保育士が保育に専念できる環境を創り上げる。

そして、保育の現場で子ども達の個性=無限の可能性を育む環境に関る中で、大人社会でも同様のことはできないかと考え始めたところ、「こどもも大人も凸凹(違い)を認め合える社会」の実現を目指すNPO法人オトナノセナカに出会い参画する。

現在はNPO活動と並行して、フリーランスエンジニアとして自分が得意とする「IT」x「教育」x「子育て」の分野を中心に活動を開始する。様々な人がお互いを認めて高め合い、創造性が渦巻く楽しい世界を目指して。

プログラミングレッスン・教室、IT研修・教育、ITコンサル・マーケティング、IT(技術)相談・支援、システム開発(WEB・スマホ)、保育園IT化、子ども・子育て関連事業など